日本人大学生がベトナムのIT企業で働く日々。

日本人大学生がベトナムのIT企業で働く日々。

奈良県出身、純日本人の大学生がベトナムのIT企業で働く日々を綴ります。基本的に平日は短文、暇な休日は長文。毎日更新!!

日本人大学生がベトナムで働く日々。

ベトナム1年間を振り返って2年目へ意気込む:8月28日

ベトナム生活、これまでとこれから

今日、Facebookにまとめたものを投稿したので、それを共有します。

ベトナム一年の振り返りとこれから】
今日が僕にとって1つの節目の日となりますので、少し書きます。
長いけど、最後まで読んでいただけると嬉しいです!!

 

ベトナムでの1年間
去年の夏から大学を休学して、ベトナムのITベンチャーで1年間の海外インターン生活を始めました。
正直、はじめはきつかった
誰も知ってる人がいない見知らぬ土地で、慣れない生活。
ベトナム語は知らないし、使える英語も通じない。仕事も新しい事ばかりで、はじめはなかなかうまくいかない。
1年間が果てしなく長く感じたし、はやく帰りたいと思ってました。
でも、少しずつ友達が増えて、生活にも慣れて、気づいたらベトナムが大好きになってました。
仕事もだんだん上手くいきはじめて、楽しくなっていきました。
1年間を振り返って写真を選んでみたけど、多すぎて選びきれませんでした。色々メモしてるので見てみてください。
ベトナムに行く選択をした過去の自分を最高に褒めてやりたいです。
そして、この一年で出会えた全ての方に心から感謝してます。
僕はベトナムに来たおかげで、皆さんに出会えたおかげで、世界が広がりました。考え方も変わりました。
そして、人生が変わりました

 

🌸Special thanks 🌸
Thành Đạt
日本にいた頃にĐạtというベトナム人の親友がいなかったら、僕がベトナムに興味を持ち、インターン先に選ぶということはなかったかもしれません。
ベトナムに行くきっかけをくれてありがとう!!
Linh Nguyen
Linhさんが色んなことに挑戦させてくれたから、社会人以上の経験をすることができました。
ありがとうございました。まだまだ、一緒に頑張りましょう!!
Phạm Huyền
Chanhがいたことで、僕の生活はとても充実した最高のものになりました。ほんまにありがとう。
生まれた国は違うけど、そんなこと関係ないね。
これからも一緒に居続けようね。

・これからの森大樹
たくさんの人にこれからどうすんの?って聞かれました。
答えは「もう一年休学して、ベトナムで更なる挑戦をする」です。
僕の夢だった、新しいサービスを作ることを実現させます。
日本の皆さん、あともう一年待っててください。もう一回り成長して帰ります
ベトナムの皆さん、もう一年お世話になります。楽しくやっていきましょう!!
2年目は1年目とは違うことにどんどん挑戦していきます
今は2年目のベトナム生活がワクワクして堪りません。

 

って感じです。

こんな感じで、2年目も楽しんで、更なる挑戦をしていきます!

今日の一枚

今日はこれ。

f:id:taikibb0114:20180829021138j:image

久しぶりのケバブ!愛するケバブ!!

この兄ちゃんが仲良しなんですよ。いつもいったら、僕の細かい注文を覚えてくれていて、何も言わずに作ってくれます。

今日会ったら、「久しぶり!どこ行ってたん?」って言われたので、日本に帰ってたよって言ったら、

そう言えばお前は日本人やったな」って言われました。

まあ、もうベトナム人にかなり近いかもね。

そんじゃ、今日はこの辺で。

おやすみなさい〜

ついにベトナムに帰国!!今日からベトナム生活2期目気合い入れて行きます!!:8月27日

ベトナム生活第二期に突入!!

一応、前回の一時帰国で団体で仲介された海外インターンは終わりました。

そして、今回ベトナムに帰ってからは、企業と直接契約して給料を貰っていく形になります。

そして、仕事内容も以前からですが、変わってます

今までは基本的に営業に集中していたのが、今後は新サービスの開発に集中して行くことになります。

正直、わからないことだらけではありますが、挑戦しまくっていきます

今回ベトナムに戻ってきて感じたことは「あ〜帰ってきたな〜」という安心感です。そして、1人暮らしの部屋のベッドで寝たときにめっちゃ落ち着いた気分になりました。

もはや、ベトナムがホームになってしまった気がしてならないです。

でも、同時にこの状況には危機も感じています。

ベトナムが自分にとって、慣れ親しんだ楽な環境になり過ぎてしまってる気がするのです。

僕は、若い間はどんどん慣れない厳しい環境で自分を追い込んで行きたいと思っています。

でも、今のこの精神状態では追い込めていないですね。

2年目で、心が安心してしまいがちになるのは仕方ないですが、それをしっかりと意識して、気持ちを引き締めていけるようにします。

気を抜かずに、あくまで新鮮な気持ちで挑戦することを忘れません!!

今日の一枚

今日は、ベトナムの自宅の様子を少しパシャり。

f:id:taikibb0114:20180828014823j:plain

8階建で縦長のアパートです。見た目が割と綺麗なことからもわかるように、内装もまあまあ綺麗だと思います。

まあ、会社の引っ越しに合わせて、自分の家も引っ越す予定なので、もう少しの付き合いかなって思ってます。

そう思うと、慣れ親しんだこの場所から引っ越しちゃうのは寂しいなって思います。

まあ、それも環境を厳しく新鮮にできると思えば、いいことかな?

んじゃ、今日はこの辺で。

おやすみなさい〜

 

ヒッチハイク山口萩への旅を振り返る。出会いと運に恵まれた最高の旅。(2日目): 8月26日

ついに、1週間引っ張ってきたヒッチハイクの旅の続編2日目の記事です。

 

forest-bigtree.hateblo.jp

 1日目はワインバーで朝の4時前まで飲んで喋ってしてしまったので、寝るのが遅くなってしまいました。

疲れていては、ヒッチハイクも大変なので、しっかり寝るために10時前までゆっくりと熟睡しました。

その後、パッと準備して出発しました。

6台目:若手セールスマンりょうさん(福岡・小倉〜福岡・門司港

小倉の市内で、山口へ行く車を捕まえるためのヒッチハイクをし始めました。

しかし、全然捕まりません。20分くらいしても捕まらないので、場所を途中で変えたりしました。

場所を変えた後も、1時間以上待ち続けました

途中で幼い兄弟がジュースとおやつを持ってきてくれて、頑張れって言ってくれたりと、いろんな人に励まされて嬉しい限りでした。

その後、やっと1台の車が止まってくれました。

その方は会社の営業中のりょうさんでした。

ちょうど、暇なタイミングだったそうで、山口との関門トンネル付近までなら送ってくれると言ってくれました。

関門トンネル付近なら、全ての車は山口方面へ行くから、捕まえやすいだろうということです。

それで、山口の関門トンネル付近で降ろしてもらいました。

7台目:2日目のメインパートナーカズさん(福岡・門司港〜山口・萩、山口市内)

門司港ですぐに捕まると思ってたら、なぜか全然捕まりません。

これまた、1時間以上立って踊って、待つことになり、ほんまに死にそうになりました。

その時、カッコよくていかつい車に乗った、怖い雰囲気のおっちゃんが止まってくれて、「どこまで行くねん?」と聞かれました。

シンプルに初めは怖かったです。

山口の萩まで行きたいと言ったので、初めはとりあえず山口のほうまで行くことになりました。

しかし、その人は怖すぎたので、もう山口まで行ったらはやくおろしてもらおうと思ってました。。。笑

でも、気づいたら仲良くなってて、カズさんは萩まで送って行ってあげるわ、となりました。

そのおかげで、なんとついに目的地の萩まで一気にいけることになってしまったのです。

f:id:taikibb0114:20180826141553j:plain

山口の景色は自然がいっぱいでとても美しかった。

ちなみに山口のガードレールは黄色らしいです。初めは珍しくて、面白かったんですけど、途中からすぐに飽きました。

f:id:taikibb0114:20180826142220j:plain

本当に一面の緑で、山口は美しい場所だなって感動してました。

そんな感じで2時間弱運転した後、ついに、、、

f:id:taikibb0114:20180826142326j:plain

山口の萩に到着!!

ずーっと行きたかった、萩の松陰神社へ行くことができて最高の気分でした。

f:id:taikibb0114:20180826142423j:plain

松下村塾跡地など、吉田松陰長州藩に関する史跡をめぐることができてすごい興奮しました。

なにか異様な雰囲気を感じる空間でもあり、得体のしれない熱気を感じました。

日本に生まれた男として、やはり日本のために自分の魂をかけて行きたいと感じました。

自分の好きな維新の志士たちがここで学んでいたのかと思うと、興奮して本当にいつまでもいたい場所でした。

ここは、今まで僕が訪れた観光地の中でも一番よかったです。

自分の足でめっちゃ苦労してたどり着いた場所だからっていうのは大きな理由の1つやと思いますけどね。

実はこの時点で午後の5時。

今日中に関西に帰れるのかと不安になってきます。しかし、ここまでなんとかうまく行ったことから、得体のしれない自信はありました。

自分たちなら、苦労してもなんとかなるはずだと思ってました。

その後、かずさんは山口市内までも送ってくれました。

この日、かずさんとは萩も一緒に観光したし、1日だけだけど、ただのドライバーじゃなくて友達として遊んだような関係性になっていました。

ほんまにおもろいですよね。

その後、山口市内の道の駅で降ろしてもらい、お別れしました。

間違いなく、かずさんがいなかったら、萩には行けなかったでしょう。彼はこの旅で本当に大きな存在だったなと思います。

8台目:キャリアウーマン感を漂わす主婦みちこさん(山口市内〜山口市内高速)

経験上、今の時間から関西に帰ろうと思ったら、まずは高速に乗るしかないと判断しました。

そこで、上りの高速に乗る人を探します。

しかし、かずさんと僕たちのミスが1つありました。

なんと、道の駅が九州方面側にあったのです。つまり、止まってる車が全部九州方面へ向かうんですよ。

いくら乗せてくれそうな人に出会えても、方向が逆だから乗れませんでした。

そのせいでここで1時間半くらい潰れます。

この時点で8時半くらいになります。

さすがに関西に帰るのは絶望的かと感じます。

しかし、まだ諦めません。なんとしても帰ってやると声をかけまくります。

そして、ついにみちこさんに出会いました。彼女も九州方面へ高速へ行くんですが、実は少し進んだSAは歩いて登り方面へ移動できるらしく、そこまで連れて行ってくれることになりました。

高速にさえ乗ってしまえば、こっちのもんみたいなところはあるので、乗せてもらいました。

みちこさんは、めっちゃビジネスの話とかもわかるし、すっごい頭のいい考察とかくれるんですけど、仕事は主婦と言ってました。

ほんまにキャリアウーマン感が半端ないおばちゃんでした。

それで無事にSAに降ろしてもらい、お別れをしました。

9台目:里帰りの金持ちプレーボーイよっしーさん(山口市内〜兵庫・西宮)

山口市内で、ヒッチハイクの声かけをすること30分ほど。

ついに、乗せてくれる人に出会うことができました。

彼こそが、レクサスの乗り手ヨッシーです。

彼は故郷が九州で、働いているのは栃木らしいです。その里帰りを車でやってたようです。

その距離を一気に運転するのは半端ないですよね。

そのおかげで、関西まで一気に送ってくれることになりました。これがほんまにラッキーでしたね。

彼は見た目こそ、別にイケイケという感じじゃなかったんですけど、話を聞いていたら相当のプレイボーイでした。

同時に付き合った最大人数は5人らしいです。その5人プラス奥さんもおったらしいです。

でも、それは浮気じゃないらしいです。

全員と本気で付き合ってるから、それは遊びとかじゃないらしいです。

なんかもう無茶苦茶な理論ですよね。

今までの自分の価値観とか、倫理観が一気に砕かれました。こんな人間もおるんかって、、、

それも、面白い話が色々聞けて楽しかったです。

そして、中国道から大阪方面に乗り換える最後のSAの西宮名塩で降ろしてもらい、さよならをしました。

10台目:福島出身の優しすぎるタクシーの運転手高橋さん(兵庫・西宮〜大阪・梅田)

西宮名塩に到着したのが午前2時ごろ。

その日は気温が低かったために、普通に震えるような寒さでした。その寒さに体力をまず削られます。

さらに、夜中のせいで、車が全然いません。いても、乗せてくれるような車が全然ないのです。

そのせいで、また1時間弱震えながら、途方にくれます

そこで、もう限界やあかんってタイミングでついに神様が降臨しました。

それが、タクシーの運転手の高橋さんです。

僕たちもタクシーに乗せてもらえるとは思ってなかったので、予想外すぎました。

高橋さんは、僕たちのスケッチブックを見て、また寒さに震えながら頑張ってる姿を見て助けてあげようと思ってくれたらしいです。

彼は梅田のタクシードライバーで北新地のお客さんを神戸の三田まで送って行った帰り道の途中やったらしいです。

タクシーは自分たちのナワバリ以外ではお客さんをとっちゃダメだから、どちみち帰り道はお客さんを乗せることができないから、僕たちを梅田までタダで乗せていくのは問題なかったらしいです。

彼は東北弁を話していたので、東北によく行っていた僕にとっては馴染み深い話し方であり、非常に落ち着きました。

そして、ついに梅田に到着しました!!

f:id:taikibb0114:20180826150126j:plain

長い長い、苦しく楽しい旅がついに終わったのです!!

いやあ、ほんまに大変でした。

でも、それ以上にほんまに充実した最高の旅でした。正直今までの計画通りに無難に楽しむ旅行よりもはるかに楽しかったです。

特に若い人は、絶対にヒッチハイクを一回はしてみたほうがいいと思います。

する前ではわからなかったような世界を知ることができます。

自分も、片道だけならヒッチハイクをまたしたいなって思います。往復はやっぱりしんどすぎる。

 

そして、

今夜からベトナムに帰ります!!

いよいよ明日からベトナムです。あ〜楽しみ!!

それじゃ、今日はこの辺で。さよなら〜

ベトナム2年目の決意を胸にいざベトナムへ出発!!:8月25日

明日、ベトナムに帰ります

ヒッチハイクは明日書きます…笑

明日の夜ベトナムに帰るので、改めて2年目の決意表明しておこうと思います。

一年目と同じことをしてても、意味がないですね。どんどん新しいことに挑戦していきます。

2年目やることリスト

  • ベトナム語を完全にマスターする
  • 新規事業立ち上げに集中して成功させる
  • ベトナムにいる日本人と一緒に新しい面白いことを始める
  • 日本人にベトナムをもっと知ってもらう活動をする
  • ベトナムハノイの人脈を鍛え上げる
  • ジムに行って真剣に体を鍛える
  • ブログを最後まで続ける
  • を読む
  • ベトナム観光大使になる

思いつくことをざっと並べてみました。

こんな感じで、2年目頑張ります!!

あー楽しみ、、はやく帰りたい!!!

今日の一枚

今日は地元奈良の三条通りから。

f:id:taikibb0114:20180825185327j:image

ここが、観光の商店街です。寺の周りからは少し外れていて、特に大した店もない場所です。

でも、中学時代によく遊びに行ってたので、思い出深い場所でもありますね。

奈良の田舎者にとっては少し都会だったんですよね。

今思えばまじ田舎なんですけどね。

やっぱりいつまで経っても、僕にとっての故郷は奈良なんでしょうね…

よし、頑張ろう!!

んじゃ、今日はこの辺で。

おやすみなさい〜

日本とベトナムの未来は明るい!!今回営業を回って感じたこと。:8月24日

この記事は新しいブログに引っ越しました。

https://taikirung.com/viet_jap_future/

そろそろベトナムに帰りたくなる頃:8月23日

日本滞在約2週間が経った

そろそろベトナムに帰りたくなって来ました。

ヒッチハイクは今週末には必ず書きます。ちょっと平日がなんだかんだ忙しすぎて…

ベトナム側の仕事も溜まってきたし、そっちでやりたいこともいっぱいあるので、もう早く帰りたいです。

それに、この日本の面倒な生活に飽きてきました。電車に乗ったり、リモートで仕事したり、会社に営業回ったりと疲れますね。

やっぱりベトナム気楽で挑戦できる刺激的な日々がいいですよ。

早く戻りたいなあ。

でも、1年後には絶対に一度区切りをつけて日本に戻ってこようと決心はできました。来年どんな気持ちになってても戻ってきて、大学を卒業します。

今回の一時帰国で、その気持ちが固まりましたね。

今日の写真

f:id:taikibb0114:20180824010439j:image

奈良のがむしゃらという店のラーメン。

正直、むちゃくそ美味いです。実は美味しいラーメンがたくさんの奈良。

ぜひ行ってみて、色々美味いラーメンを探してみてください。

明日も朝早いので今日はこのへんで。

また明日。

同大学のスタートアッパーの友達と再会して語った熱い夜:8月22日

僕が海外に行けるきっかけを与えてくれた友達

ヒッチハイクに関しては明日書きます。まじで。

今日は同じ大学の友達で、今は日本でスタートアップを起業して頑張ってる友達と会って晩飯食ってきました。

彼は僕が海外に行こうと思って、どうやって行こうか迷ってる時に相談して、良いアドバイスをくれました。そのおかげで、僕は海外に行くためにすることがハッキリして、やる気もガッチリ出て、まっすぐ進み始めることができました。

正直、彼がいなかったら今の僕は無いと思います。

彼がいなかったら本気で勉強して、海外で働こうとすることもなかったと思います。

結果的に違う方法で海外に行って、無難な経験をして終わってたかもしれません。

今の企業に行って、素晴らしい経験を積んで、さらに挑戦しようと思えてるのは、まさに彼のアドバイスがきっかけです。

だから、ほんまに感謝してます。

そんな彼と久しぶりに会って、ほんまに楽しかったし、何より更にやる気が燃え上がりましたね。

自分ももっと気合い入れて行かないとダメだな、と。

彼に負けてられない。もっと死ぬ気でやってやろうって思いました。

やっぱり身近に同じように新サービス作って起業して頑張ってる友達がいたら、めっちゃ嬉しいです。

ほんまに楽しい刺激的な夜でした。

来週からは、またベトナムに戻ります。

そっからは、より本格的に戦いが始まります。まじで死ぬ気でやってやります。

本気で楽しんで、本気でぶつかっていきます。

やっぱり持つべきものは友やなあ…

今日の一枚

今日はマクドナルドの写真。

f:id:taikibb0114:20180823021740j:image

昼飯なんですけど、この写真には意味があります。

日本のマクドはすごいなって話。

何がすごいって?

自分で片付けるところです。

まあ、マクドだけじゃない。カフェとかなんでも、みんな自分で片付けるでしょ。

なんで?って思いません?

ベトナムもですけど、海外はみんな自分で片付けません。ほっときます。

ほっとけば、店員が片付けます。

それが普通です。

なんで、日本では自分で片付けるようになったんでしょうね。面白い文化やなって思います。

ほんじゃ、今日はこのへんで。

おやすみなさい〜

友達の話を聞いて、日系の大企業の魅力を知る:8月21日

日系大企業の福利厚生はやばいね

すいません、ヒッチハイクの続きはもう少し待ってください。

はやく出したいんですけど、なかなか時間がなくて。

ほんまに日本にいたら忙しくて嫌になってきますわ。

今日は大学の就職決まってる友達と飲みに行ってました。みんな大企業ばっかなんですけど、話聞いてたらやばいなと。

1人はトヨタの就職です。もちろんトヨタはかなり良いです。

そして、ANAの人もいます。

ANAはやばいですよ。なんと、親戚二親等まで国内線が無料らしいです。しかも国際線は1割負担。

これはやばいでしょ。羨ましすぎる。

ANA、ええなあ。

ANAに就職はありやなって純粋に思ってしまった。飛行機で飛び回れまくるのはいいな。

でも、よく考えたら飛行機大嫌いなんやった。

他にも日系の大企業はやっぱりすごいですね。待遇が半端ないです。

これは、学生が行きたいと目指してしまう気持ちが分かりますわ。

今まで、ずっと大企業の魅力がいまいち分からなかったんですけど、そんな話を聞いてはじめてハッキリしましたね。

確かに、魅力的やと思うわ。

その魅力に惹かれるのはいいんですけど、終身雇用で安定してると思ってしまうのはダメです。

会社はいつ潰れるかなんて、分かりません。

トヨタANAも、終わる可能性があるのはあります。会社が終わらなくても、クビになる可能性もあるわけです。

だから、僕たちが忘れちゃいけない視点は、1人でも、どんな会社でも生きていけるスキルを身につけていけるかどうかです。

少なくとも、安定しているからという理由で大企業を選ぶのはアホです。

世界で戦える人材を目指しましょう!

今日の一枚

なんか、無理やり日本の写真載せてもおもんないと思うので、今日はなしです!

って言おうかと思ったけど、なんかここで妥協したら終わりな気がするから続けます。

f:id:taikibb0114:20180821235742j:image

世界の車窓から、大阪の田舎。

夜やし、早いから全然ブレブレなにも分からん。

まあ、これもまた一興。

そんじゃこの辺で。おやすみなさい。

日本に一時帰国して1週間と少しして思うこと。8月20日

一時帰国して思うことを綴る

すいません、今日は色々忙しかったので、ヒッチハイクの続きは明日書きます。

今日は日本に一時帰国してしばらく滞在していて、感じることを綴ります。適当に思いついたことを書いていくので、ご了承ください。

しばらくベトナムに住んでて、外国かぶれあるあるで、日本は微妙みたいに思いかけてたんだけど、やっぱりしばらく住めば、日本は良いなと思います。

環境は良いし、ご飯はいい。物も安いし、質が高い。

なによりヒッチハイクをしたのが大きかったです。

日本もまだまだ良い国やなって実感できたからです。

もちろん、冷たく対応される人も多かったですけど、良い人もめっちゃたくさんいました。

というより、良い人ばかりでした。

そうやって、日本で素晴らしい出会いがたくさんあったことがデカかったです。

同世代の友達が普通に大企業に就職しまくってることに関しては、うーんって感じですけど、それは人それぞれなので何とも言えないです。

大企業にもいいとこはあるので。

ただ、やはりベンチャー就職も少ないし、海外就職なんて本当に少ないです。

別に大企業に就職することが悪いとは言わないけど、もっと若者には挑戦して欲しいなって思いますよね。

決まったレールを突き進むんじゃなくて、一度くらい自分で決めて新しいレールを引いて、その道を進んでみて欲しい。

あかんかったら、また戻ればいいしね。

人生は自分で切り開いていくものやと思うから。

とにかく、これからの日本がどうなるのかは今の若者次第です。

僕たちが日本を変えてやりましょう。

このままでは、優秀な世界を見れる若者はどんどん海外に出てしまって、日本には人材が残らないですよ。

ガラパゴスにいつまでこもってるんですか。

今、動き出そう!日本の若者!!

僕は正直、日本をどうこうしたいという気持ちは薄れてますが、やっぱり大好きな故郷です。誇りがあります。日本男児やからなあ。

今日の一枚

f:id:taikibb0114:20180821014341j:image

京都で食った鳥なんば蕎麦。

美味しかったです。

それだけ。

んじゃ、おやすみなさい。

またね〜

 

ヒッチハイク山口萩への旅を振り返る。出会いと運に恵まれた最高の旅。(1日目): 8月19日

今回、山口の萩を目指して、実家の奈良から出発して行ってきました。無事に長州萩に辿りついたのか?ちゃんと帰ってこれたのか?

自分の振り返り用も含めて、今回の旅の様子をまとめました。

めっちゃ長くなる予感がするし、全部は書ききれないと思いますが、頑張ります!焦って適当に書きたくないので、1日目と2日目に分けて書きます

1台目:看護師イナちゃん(奈良〜大阪・天王寺

ヒッチハイクをすることだけを決めていた僕は、ほんまになんの準備もしていませんでした。

なので朝の9時にとりあえず地元の駅に行って、スケッチブックとマッキーを購入。

そして、いよいよ出発。

今やから言えますけど、ぶっちゃけヒッチハイクを始めるまではめんどくさいなとかいらんなあやめてしまおうかなって思う気持ちがありました。

やっぱり、今までしたことがない新しいことを始めるのってめっちゃ体力使うんですよね。

 

というわけで、乗らない気持ちに発破をかけてヒッチハイクを始めました。

スタートは実家の近くの奈良の片田舎。正直、こんなところでヒッチハイクをしている人なんてまずいません

捕まる可能性もかなり低いと思います。

みんな、こんなところにヒッチハイカーがいると思ってないですからね。

でも、やっぱりヒッチハイクをするからにはスタート地点は家の近所にしたいなと思ったんでそうしました。まあ、ギリギリまでやる気が出なかったせいでもあります。

とりあえず、全然わからなかったので、とりあえず西の方へ行きたいと思い、「西へ」と書いたスケッチブックを掲げます。

みんなまず見てもくれません。

とりあえず、見てもように目立とうと思って、ベトナム国旗の服に着替えました。

さらに、スケッチブックを振ったり動かしたり、踊ってみたりして、とにかく目立つようにしました。

そうして、20分弱経って、少しくじけそうになってきた頃に一台の車が止まってくれました。

その人が看護師の女性のイナちゃんでした。

今までヒッチハイカーを乗せたことはないけど、一回乗せてあげたいという気持ちがあったから、思わず声をかけてくれたらしいんです。

この人はほんまに女神でした。まず、奈良という片田舎で拾ってくれたことが奇跡的に女神。しかも大阪まで連れて行ってくれたあとに、昼ごはんとおやつまで買ってくれました

地元の町まで一緒だったので奇跡ですね。

この方がいなかったらこの旅は始まりませんでした。そして、初めて車にのせてくれたイナちゃんが、ほんまに優しくて気さくで、話すのがめっちゃ楽しかったんです。

そのおかげで、心配と不安でいっぱいやったヒッチハイク一気に楽しいものに変わったのです。

僕たちが明るくヒッチハイクを進めていけたのは、イナちゃんのおかげです。

大阪の天王寺で下ろしてもらい、バイバイしました。

f:id:taikibb0114:20180819210646j:plainコンビニで買ってもらった昼飯とおやつ。

ほんまに最高のスタートでした。

2台目:元ヤン社長ムロさん(大阪・天王寺〜兵庫・神戸)

天王寺公園の近くで下ろしてもらって、公園で飯を食った後に、改めて出発しました。

公園近辺のスポットで再びスケッチブックを使って「西へ」おねだりします。

そしたら今度は10分くらいで、大きい車が止まってくれました。

そしたら、中からいかついおじさん

「おい、何してんねん。お前らどこまで行きたいねん。」

って聞かれました。正直、めっちゃ怖かったので、ビビりながらも

「山口まで行きたいです!!」

って答えました。

そしたら、

「こんなところでヒッチハイクしても、車なんかそっち方面に行く車は捕まらへんぞ!この辺は地元の車しか通らへん。」

って言われました。

そう言われたので、

「じゃあ、この辺の近所でいいから、拾ってくれる可能性が高い場所まで連れて行ってくださいよ!」

とダメ元で言ってやりました。

そうしたら、まさかのオッケーをもらえて、ちょっとだけ送ってもらうことになりました。

ムロさんは地元の人間だったので、ほんまに近所まで送ってもらうつもりでした。

でも、ちょっと話し始めたら仲良くなってきて、気づいたらどんどん話して西のほうへ進んで行きました。

この方は、もともとは料理人をずっとしていて、最近自分の会社を作って経営している方です。

昔はやんちゃしていた頃もあるようで、かなり喧嘩が強いらしいです。確かに強そうやった。40歳を超えた今でも、一食3合くらい食べてるらしいです。

やばいですね。笑

自分が知らなかった世界をめっちゃ知ることができて面白かったです。

ほんまに、ヒッチハイクでもせんかったら、出会うはずもなかった人なので、ヒッチハイクっておもしろいなあって実感しました。

そして、気づいたら神戸にまで送ってくれてました。

これで神戸までやっとこれたわけです。

この時点で午後4時半ごろでした。

夜には山口に行きたいと思ってたのに、このままではやばいと焦り始めます。

3台目:高校教師だいちさん(兵庫・神戸〜広島・福山)

神戸でインターの近くで下ろしてもらったはいいものの、なかなか次の車が見つかりません。

徐々にやばいんちゃうかと焦り始めます

このままじゃほんまに山口までいけねーぞって。

ただ、僕たちにはスケッチブックを持ってアピールするしかできることはありません。

ほんまに普通の道路の真ん中なので、変なやつらやったと思います。

その辺の道でヒッチハイクしてるやつなんて、普通見かけないですもんね。笑

50分くらいずっと立ってました。雨もポツポツ降ったりして、イライラし始めます。

そして、もう無理やって諦めそうになった時に、やっと止まってくれました。

その方こそ、高校教師のだいちさんです。

彼は、神戸が地元で岡山で高校教師をしているらしいです。それで、ちょうど今帰省から岡山のほうへ戻るところで、1人で帰るのも暇やと思ってたところだからと言って、乗せてくれました。

だいちさんは24歳で僕らに年齢も近かったので、すごいバカな話をしたり、同年代と楽しくわいわいしている感じですごい楽しかったです。

そして、これで一気に広島の福山まで行くことができました。

着いた頃にはもう 19時半頃やったと思いますが、それでも、広島まで来れたことで少しいけるんじゃないかと思ってきました。

そして、何よりも高速に上がれたことが大きかったです。やっぱり大きいSAやったら直接声をかけたりして乗せてくれる人を探しやすいからです。

4台目:○○の母ティファニーさん(広島・福山〜広島・小谷)

福山で外国人ヒッチハイカと偶然出会いました。

彼は日本にずっと住んでいて、日本語ペラペラのケベック人です。

すっかり仲良くなったので、もし車を捕まえられて3人乗れる場合は一緒に行こうと約束しました。

そうして、車を探すこと40分ほどしたら、ケベック人の彼が走り寄ってきました。なんと、3人乗せてくれる車を見つけたから一緒に乗ろうとのこと。

これはラッキーでしたね。やっぱり人生は何が起こるかわからん。

車まで行ったら、なんと50代の女性が1人でした。

女の方が1人ででかい男3人乗せるってすげえなって、シンプルに感動しました。

彼女は、ヒッチハイカーを見つけたらいつも助けてあげるようにしているらしいです。

それで、名前はティファニー。台湾出身らしいです。日本人と結婚して、日本に移住したんだとか。

最後は仲良くなったので、Facebookを交換しました。

そしたら、過去の投稿で息子さんの写真があって、とてもイケメンでした。

なので、思わず

息子さんイケメンですね〜」

って言いました。そしたら、

「そうでしょ、かっこいいでしょ。テレビでも見たことあるでしょ?」

って言うのです。は?って思いますよね。脳内パニックです。

また、このおばちゃんは何を言ってんのかなとか思ってました。

「なんのテレビですか?俳優か何かですかね?」

と僕。ティファニーはこう言います。

「オリンピックよ!この前の平昌も出てたよ。フィギュアスケート。」

え?ポカーン。

フィギュアスケートで田中??誰?と思っていたら、

田中刑事よ!」と言われました。

そうです。まさかのティファニー田中刑事のおかんやったのです!!

これはびっくり仰天です!!

ほんまにビビりました。まさかの、田中刑事のおかんの車に乗せてもらってたのです!!

f:id:taikibb0114:20180819214217j:plain

サインももらっちゃったので、間違いなく本物です!笑

いやあ、ほんまに出会いって面白いですね〜。

5台目:○○の専属トレーナーこうちゃん(広島・小谷〜福岡・小倉)

小谷で下ろしてもらってからが、また地獄でした。

時間はすでに21時頃だし、なんとか今日中に山口までは行ってやりたいなと思ってました。ただ、時間的にこのSAで山口行きを捕まえないと、どんどん厳しくなっていくとは思ってました。

しかし、この小谷という場所がなんとも微妙なんです。

ここは、広島市内に行く人がとても多くて、それより西へ行く車が以上に少ないSAだったんです。

だから、乗せてくれそうになった人も、広島市内までばかりで全然次へ進めなかったのです。(広島市内では、次のSAにも行けないので意味がない。)

そのせいで1時間弱くらい、探し続けました。

さすがにくじけそうにもなってきて、今日はこの場所で終わってしまうかとさえ思ってました。

そんな時に、ふと声をかけてきてくれたおじさんがいました。

「乗って行くか?」って言ってきてくれたのです。

彼は、僕らが先ほど声をかけたんですが、一度はなんのことかわからずに無視していました。でも、車に歩いて戻りながら考えていたら、どうせ1人で九州まで運転して眠くなるし、ヒッチハイクを乗せてみるのも面白そうだと思って乗せてくれたらしいです。

話していたら、彼はなんと今は大学の野球部の専属コーチをやっているそう。高校までずっと野球をやってた僕らとは、すごく親近感が湧いて一気に仲良くなりました。

しかも、彼は昔は阪神の下柳投手の専属トレーナーもしていたそう。親しげに”シモさん”と呼んでいたのが、すごい面白かったです。

ほんまに、ヒッチハイクをしなかったら会えなかったような人で、出会いってすげえなあって実感。

この方とは、本当に仲良くなってすごい楽しかったです。多分、移動距離が長かったからたくさん話すことができて、仲良くなれたのもあります。

それで、元々は山口で下ろしてもらう予定だったんですが、ノリと勢いでそのまま小倉まで連れて行ってもらおうということになってしまいました。

f:id:taikibb0114:20180819220317j:plain

下関の九州と本州を繋ぐ大橋です。

夜の景色は壮観でした。もう少し早かったらライトアップされて綺麗だったらしいですけどね。

そのまま、小倉の市内まで行きました。この時、すでに夜中の1時半頃でした。

f:id:taikibb0114:20180819220423j:plain

なぜ、小倉まで来てしまったのかほんまに謎です。

山口をはるかに通り越してしまったわけです。

ほんまに、人生は何が起こるかわかりませんね。

さらに、こうちゃんの幼馴染のワインバーにまで連れて行ってもらいました。

f:id:taikibb0114:20180819220549j:plain

美味しすぎるワインと、

f:id:taikibb0114:20180819220613j:plain

美味しすぎるスパゲッティをご馳走になりました。

疲れがたまりまくってたのと、この日様々な苦労がありまくったのもあって、ほんまに美味しすぎて涙が出そうになりました。

さらにここでも、バーの店主や店に来た敏腕女社長とも仲良くなれて、本当に出会いが面白かったです。

小倉に来たのも、なんかの縁があったんだろうなって思います。

これは偶然なようで、必然でもあったのかもしれませんね。

ああ、人生って面白い

本当に濃すぎて、充実した1日目でした。

車に乗せて助けてくれた全ての方に感謝しかありません

人間の優しさと温かさを、ほんまに感じました。

そんな感じで1日目は夜中の4時ごろにネカフェに入って、寝ました。

なぜか小倉まで行きすぎてしまった1日目、2日目で無事に山口萩まで行って帰ってくることができるのか!?

今思えば、ここで小倉まで行ったのも運命だったと思います。

続きは明日です。最後はどうなるのか、お楽しみに!!

それじゃ、今日はこの辺で。

おやすみなさい〜

ヒッチハイクは明日にまとめます!今は帰宅するために努力中。:8月17日

今は大阪へ向かってる車内です!!

今日もすごいストーリーがたくさんでした。

ほんまにおもろかったです。

なんか、今の疲れた状態でこの旅を全て書くのはもったいないので、しっかり明日書きます。

楽しすぎた。けど、疲れすぎました。

ただ、ヒッチハイクは間違いなくめっちゃオススメです。

半端なく良い経験ができますね。

今日の一枚

f:id:taikibb0114:20180817235302j:image

さあさあ、ここはどこでしょう。

今日行った場所です。

めっちゃええ場所でしょ。

明日、詳しく書きますね。

んじゃ、この辺で。おやすみなさい〜

ヒッチハイクめっちゃおもろい。明日まとめて報告します!!:8月16日

ヒッチハイクはめっちゃ順調です。

ただ、今日はもう明日のために寝ます。

明日しっかり元気で頑張るために今日はもう寝ます。明日まとめてやります。

とにかく予想以上に最高で楽しくて、やばいです。

f:id:taikibb0114:20180817041317j:image

今日どこまで行ったのか、ヒントはこの写真です。

それじゃ、今日はこの辺で。

また明日〜

ヒッチハイクでわらしべ長者チャレンジ!明日からスタート!!:8月15日

明日からチャレンジ始めます!!

てな訳で、日本に帰ってきてる訳ですが、大昔からやりたかったこと、ヒッチハイクをついにやります!!

というか、そろそろこの歳ぐらいでやっとかんかったら一生できなさそうなので、やっとこうと思いました。

行き先は長州藩こと、山口県萩市です。

僕は幕末の長州藩が大好きなので、ずっと行きたいと思ってました。

そして、ついに行くことができるので、ワクワクしてます。何としてもたどり着いてやります。

そして、普通に行っても思んないので、わらしべ長者チャレンジをやります!!

乗せてもらう度に、ものを交換していって、いつかでっかいものを手に入れられるように頑張ります!!

どんなものに変わっていくのか楽しみですね!!

明日からはその様子を報告していきます!!

頑張ります!

そんじゃあ、今日はこのへんで明日に備えて、早く寝ます。

今日の一枚

今日は家でずっと仕事してました。

だから、ろくな写真ないです。

f:id:taikibb0114:20180815225106j:image

餃子。

包みたての餃子です!!めっちゃ美味しいよ!

僕の家の餃子は世界一です。

ほんじゃ、寝ます!

また明日!!